無料ブログはココログ

2018年3月29日 (木)

とれいん4月号、5月号に16番ガントリークレーンが掲載されます。

3月20日に発売された月刊とれいん4月号に、16番 1/80 弊社品番2005 ガントリークレーンと新式複線形給炭槽の組立記事が掲載されています。
4月20日に発売予定の5月号と2か月の連載記事になりまして、組立方法の詳細が写真とともに詳しく解説されています。
Dsc02002
Dsc02003
記事を担当されたのは伊藤 肇 様(匠ジオラマ工芸舎)で主に16番向けに建物を製造販売されている方です。隔月でとれいん誌面に記事が掲載されている方ですのでご存知の方も多いかと思います。
 
事前に記事内容を把握しておりませんでしたので私も貪るように読んだのですが、モーリンのスーパーフィックスを水と1対1で薄めて流し込むなど目から鱗のテクニックがちりばめれています。
説明書の説明書としての面もありますが、それ以上にペーパーキットを組み立てるうえでのプロのテクニックが惜しげもなく紹介されていることに驚きました。弊社キットのみならず応用が利くと思いましたので、ぜひ一度購読してみてはいかがでしょうか。

2018年3月 2日 (金)

1/80 16番向け「砂焼き小屋」ただいま準備中です。

只今制作中の1/80 16番向けの新商品、「砂焼き小屋」をご紹介いたします。
既に発売中の、1/80 16番向け「2006 給砂塔」と組合わせてのご利用をご検討くださいませ。
なお、安価にご提供できるように全てペーパー素材です。煙突パイプのみプラパイプになります。
2007
2007pt1
2007pt2
2007pt3
写真は組立、ウェザリング例です。
お客様のお好みで屋根を市販の瓦に変更したり、煙突や雨樋を加えたりして頂ければよいかと考えております。
4月上旬、5800円+税 での販売を計画しております。
ご覧いただきましてありがとうございました。
 

新発売。Nゲージ生コン工場を発売いたします。

2月下旬発売を予定しておりましたNゲージ向けの生コン工場を本日問屋様へ発送いたしました。発売開始が遅れましたことお詫びいたします。
Dsc01975
写真は組立例です。
なお弊社通販サイトでも在庫が確保次第に販売をいたします。
細長い建物配置もできますので、レイアウトの空きスペースにいかがでしょうか。
「品番1024 Nゲージ向けペーパーキット 生コン工場 4800円+税」になります。
ご覧いただきましてありがとうございました。

2018年1月29日 (月)

Nゲージ「生コン工場」を発売します(2月5日加筆・修正)。

Nゲージ向けに「生コン工場」を発売いたします。
 
商品名 生コン工場 価格4800円(税別) 発売時期 2月下旬
 
カラー硬質紙を使用したペーパーキットです。
 
ミキサー塔 奥行55×幅63×高さ133㎜
ベルトコンベア(投影面積) 長さ186×幅15×高さ12㎜
砂・砂利置き場 奥行35×幅91×高さ28㎜
コンベア受け 奥行15×幅76×高さ29㎜
セメント貯蔵タンク 直径29×高さ100㎜
水貯蔵タンク 直径29×高さ88㎜
 
以上6点がそれぞれ出来上がりますので設置場所に合せて
向きを組合わせて配置できます。
 
P1290108
※ 写真は組立後に塗装をしております。
※ ミキサー車と土台は商品に含みませんのでご注意ください。
 
カラー硬質紙を使用していますが、大型の建物ですので組立後に色入れをお勧めします。作例は汚しすぎて廃墟っぽい感じが出てしまいましたが軽く汚すだけでも雰囲気がでるかと思います。
 
生コンは出荷後90分以内に建築現場に到着する必要があるため町中でも良く見かけます。当キットは、ミキサーの入っている塔部分と、ベルトコンベア、砂・砂利置き場を、それぞれ組立後に合体させるため、設置自由度が高いことが特徴です。レイアウトやモジュール等で、トラックコレクションなどと組合わせてご活用頂けます。

2018年1月 4日 (木)

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
現在発売を目指している商品を一つご紹介させていただきます。
Dsc01799
「生コン工場」(仮称)です。
生コンは、生コン工場から90分以内に現場に運ばなければならないため私たちの身近にある工場の一つだと思います。
プラントと呼ばれるセメントと骨材を混ぜる塔と、そこに伸びる長いベルトコンベア、セメントサイロが特徴的です。
現在は試作品の試作という状態ですが、Nゲージで弊社従来品同様ペーパーキットでの発売を予定しております。
ご覧いただきましてありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

2017年12月31日 (日)

今年もお世話になりました。新年もよろしくお願いいたします。

今年も残すところ、僅かになりました。
改めてお客様に支えられた一年だったと振り返っております。ありがとうございました。
来年も少しでも良い商品を提供できるように誠心誠意努力してまいりますので
変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます。
なお、1/80給砂塔のお問合せ、ご注文を多数いただいております。
少しでも参考になればと思いまして組立写真を掲載いたします。
Dsc01794
Dsc01795
Dsc01796
Dsc01797
Dsc01798

2017年11月18日 (土)

Nゲージ向け「給炭建物」と「石炭ホッパー」について追記です。

品番1022「給炭建物」の寸法です。
 
約幅135×奥行160×高さ113mmです。
 
品番1023「石炭ホッパー」の寸法です。
 
本体 約幅125.6×奥行42×高さ118mm
本体とコンベアー受け建物間 103mm
受け建物 幅29×奥行36×高さ63mm
 
さて、追分機関区の給炭建物として設計しましたが炭鉱や工場の建物としても流用が利くと思います。
 
試しに炭鉱の「選炭建物」に見立てて「石炭ホッパー」と組合わせてみました。
一例としてご覧いただけましたらと思います。
 
Dsc01769_2
Dsc01768_2
Dsc01766_2
 
~以下は2018年4月11日に追記しました~
コンクリート部分のウェザリングについて鉄さんからアドバイスを
頂きました。
「先日石炭ホッパーのコンクリート表現をあれこれ試してみました。
ペーパーなので塗料、パステルなどは良い結果が得られませんでした。
結果タミヤのウェザリングマスターが生地に馴染んで良い表現になりました。
これは先日模型に関係のない方に見せたところ
お世辞でしょうが評価頂きました。
ウェザリングマスターのホワイトをベースに生地に塗り込み
ウェザリングマスターの他色を混ぜ部分的に強弱をつけ重ね塗り
そしてスノーを上から重ねぼかしていきますが
筆は各色専用にしないと色が混ざりすぎて汚くなりますので注意
また他色を重ねながら
これを数回繰り返した結果
質感は置いといて
見た目だけですが良い感じになります。
ただレーザー断面は一度ペーパーなどでやすってからが良いかもしれませんね。」
とのことです。
 
早速試してみました!
 
Dsc02007
Dsc02006
Rimg0185
1回目・・・は失敗しました。汚しすぎてしまいました。
最初の「ウェザリングマスターの白を生地に刷り込んで」という
ところがポイントで、白くなりすぎたくらいが良いと思います。
2回目は慎重に汚していきます。エアブラシも併用して。。。
汚しすぎちゃった→エアブラシでアクリル塗料のホワイトをそっと
吹きかけて誤魔化す。なんとなく単調なので茶色のウェザリング
マスターも使ってと・・・。
最終的に写真のようになりました。
なお、最後の写真はかつての常磐炭鉱のホッパーです。
何年か前に撮影してきたうちの1枚を参考に塗装してみました。
個々の技量により仕上がりはまったく異なるのでウェザリング後の写真は
あまり意味がないと思いますが、ウェザリングの工程は参考になると
思います。
オリジナルで工程を試行錯誤して公開してくださった鉄さん、ありがとう
ございます。
ご覧いただきましてありがとうございました。
 

2017年11月14日 (火)

1/150 Nゲージ「石炭ホッパー」を発売いたします。

12月上旬に発売する新商品のご案内です。
 
1/150 Nゲージ向けに「石炭ホッパー」を発売いたします。
商品形態は弊社従来品同様にペーパーキットになります。
4582439970902
希望小売価格は、4800円(税別)です。
商品は前後左右に連結して拡大できる設計となっております。また、ホッパー本体は木造小屋、貯炭部分、排出口部分の3つから構成されています。
 
なお12月上旬には、
 
1/80  給砂塔
1/220 ジブクレーンと単線形給炭槽
1/150 給炭建物(追分機関区タイプ)
 
も同時発売いたします。
併せてご検討いただけましたら幸いです。

1/150 Nゲージ「給炭建物(追分機関区タイプ)」を発売いたします。

12月上旬に発売する新商品のご案内です。
 
1/150 Nゲージ向けに「給炭建物(追分機関区タイプ)」を発売いたします。
商品形態は弊社従来品同様にペーパーキットになります。
4582439970896
希望小売価格は、8800円(税別)です。
 
追分機関区と小樽築港機関区の給炭設備は建物内に設置されていました。当商品は追分機関区のものを参考にしています。
建物内は構造物がありませんので弊社品番「1009 新式単線形給炭槽」を設置すると良いかと思います。また、KATO製扇形機関庫に接着して使用する「1018 扇形機関庫向けレンガ外壁キット」「1021 扇形機関庫屋根かさ上げキットB」と組合わせると、より追分機関区らしさが演出できます。
 
また同時発売の「1023 石炭ホッパー」と組合わせて「選炭建物」としての利用もできると思います。
 
なお12月上旬には、
 
1/80  給砂塔
1/220 高脚ジブクレーンと単線形給炭槽
1/150 石炭ホッパー
 
も同時発売いたします。
併せてご検討いただけましたら幸いです。

1/220 「高脚ジブクレーンと単線形給炭槽」を発売いたします。

12月上旬に発売する新商品のご案内です。
 
1/220 Zゲージ向けに「高脚ジブクレーンと単線形給炭槽」を発売いたします。
商品形態は弊社従来品同様にペーパーキットになります。
4582439970889
希望小売価格は、3200円(税別)です。
小規模な機関区向けに弊社品番「0042 給水塔」などと組合わせてご利用いただけます。なおZゲージ向けに多数キットを製造しておりますので弊社ホームページをご覧いただけましたら幸いです。すべての商品が出荷可能で在庫ございます。
 
なお12月上旬には、
 
1/80  給砂塔
1/150 給炭建物(追分機関区タイプ)
1/150 石炭ホッパー
 
も同時発売いたします。
併せてご検討いただけましたら幸いです。

«1/80 16番向け 「給砂塔」を発売いたします。