無料ブログはココログ

« Zゲージ建物紹介。昭和初期の長屋編 | トップページ | Zゲージ向けのボンネットバスその2 »

2012年10月12日 (金)

Zゲージ向けのボンネットバスその1

前回のレイアウトを制作した時にバス停をつくりました。

でもバスが市販されていなかったのでボンネットバスを制作していみました。

サーフェーザーを吹いて塗装すればそれらしく見えるようになるでしょうか。

B999

簡単に作り方の紹介です。

まず部品は下記の写真のとおりです。

B001

エンジン部分と乗車部分を別々に制作します。

まずは乗車部分から始めます。

B002

折り曲げてボンドを塗布して差し込むだけです。

B003

外板を差し込みつつ接着します。

B004

上部は屋根を接着するための段差ができます。

B005

フロントガラスを差し込みつつ接着します。

B007


屋根は、先にフロントガラスの上部突起に差込んでから車体後方にむけて接着していきます。

B008

もう一枚屋根をフロントガラスの突起に合わせて貼り付けます。

B009

次はボンネット部分の制作になります。

Zゲージ向けのボンネットバスその2へ続きます。









« Zゲージ建物紹介。昭和初期の長屋編 | トップページ | Zゲージ向けのボンネットバスその2 »

Zゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Zゲージ向けのボンネットバスその1:

« Zゲージ建物紹介。昭和初期の長屋編 | トップページ | Zゲージ向けのボンネットバスその2 »