無料ブログはココログ

« Zゲージ「テルハ」新発売のご案内 | トップページ | Nゲージ向け跨線テルハ新発売のお知らせ »

2014年8月13日 (水)

Nゲージ新式複線形給炭槽発売とZゲージのフォークリフト

Nゲージ向けの商品としまして、「新式複線形給炭槽」(税別4700円)を発売しました。

弊社従来品同様にカラー硬質紙をレーザーカットしたペーパーキットです。従来より発売しております給炭槽も引き続き販売していきますので、お好みで選択して頂ければ幸いです。

4582439970568

さて、続きましてはZゲージのフォークリフトについてです。

はじめに、弊社が製造するですとか販売するという話ではございません。

いきなりですが完成写真です(ロクハン製コキ106と日本通運U47Aコンテナ)。

001


写真のフォークリフトはトミックス製(Nゲージ向け)です。

運転席部分を切り詰めて塗装しました。

コンテナ遊びをしていると、コンテナターミナルがほしい・・・。フォークリフトが必要なのですが販売していない、困った・・・。こんな時、とりあえず「らしく見えればよい」と割り切って、こんなやり方はいかがでしょうか。以下参考になるか微妙ですが加工手順です。

ベースはトミックス3508(現在はリニューアルして3518)

008

ばらします。まず、運転席部分と車体を引っ張って取り外します。

次に、車体上部の開口部からドライバーなどを差し込み下回りを押し出すように

はずします。タイヤ軸が折れやすいので注意です。

007

運転席部分を切り詰めます(写真左が加工後です)。

006


続いて車体を削ります(写真上が加工後)。

005

瞬間接着剤で固定します。

002


下回りで当たる部分を削ります。

003


あとは、塗装して完成です。

この加工は切断さえ綺麗にできれば簡単だと思います。

私が使用しているものですが、おすすめの工具です。

004


有限会社プラッツさんが販売しているもので、

職人堅気ハイパーカットソー0.1 PRO-SS

というものです。

フォークリフトが豆腐のように切断できます。

簡単に説明させて頂きましたが、あくまでも趣味としての加工です。

販売も加工受託もいたしませんので、加工は自己責任、参考程度にお願いします。



« Zゲージ「テルハ」新発売のご案内 | トップページ | Nゲージ向け跨線テルハ新発売のお知らせ »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

御社から購入させていただいた

1/220 ボンネットバスを使用したジオラマが

先週開催された「浜松ジオラマグランプリ」で

「金子辰也賞」を頂きました♪

素晴らしいキットをありがとうございます。

【第三回 浜松ジオラマグランプリ】
http://www.hamamatsu-diorama.com/2014/08/3rdgpresults.html

【作品写真】
http://www.tokyovirtualworld.com/01-model/01-12-hiroshima

ばーちゃわーるどさんこんにちは。
管理人のたけさんです。

「金子辰也賞」の受賞おめでとうございます!
以前も素敵な作品を拝見いたしましたが、今回のも素晴らしいですね。
建物は勿論、人形の塗装や川の表現など見どころ満載でした。

最近3Dプリンタを模型に応用される方もちらほらと出てきてますよね。
ばーちゃさんのHPは3Dプリンタについても詳しく解説されておられるので
大変参考になります。

今回も弊社商品を素敵な作品に仕上げて頂きましてありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージ新式複線形給炭槽発売とZゲージのフォークリフト:

« Zゲージ「テルハ」新発売のご案内 | トップページ | Nゲージ向け跨線テルハ新発売のお知らせ »