無料ブログはココログ

« 国際鉄道模型コンベンションに向けて② | トップページ | 次回は第39回日本鉄道模型ショウに出展します。 »

2016年8月20日 (土)

国際鉄道模型コンベンションに向けて③

昨日より国際鉄道模型コンベンションに出展しています。
弊社ブースにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。
おかげさまでクジ引きも大変好評で中には半額でお買い求めいただきましたお客様もちらほらいらっしゃいました。嬉しいような悲しいような・・・。
 
さて、Nゲージ向けの新商品といたしまして3点本日より展示させていただきます。
値段、発売時期は未定となります。
まず、追分機関区の給炭設備のある建物です。
P8200194
追分機関区と小樽築港機関区は給炭槽が建物の中にあります。このうち追分機関区のものをモデルにしています。
現在、建物内の写真や資料が不足しています。建物内の写真をお持ちの方、ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご協力をいただけないでしょうか。
なお、写真では屋根をはずしてあります。
 
次は給砂塔の単線用のものになります。
基本的には1003に含まれるものの単線版ですが、ホースを上下に稼働させることができるようにしています。
P8200195
P8200196
3つ目はガントリークレーン用の架線柱になります。
ガントリークレーンの電源は、電車同様に集電していまして、そのための架線柱がクレーンレールに沿って立っています。
架線の張り方の違いで2種類、組立時にお客様に選択していただく予定です。
P8200197
以上3点を簡単ですがご紹介させていただきました。
本日より展示しておりますのでお立ち寄りの際にはご覧いただけましたら幸いです。
 
 

« 国際鉄道模型コンベンションに向けて② | トップページ | 次回は第39回日本鉄道模型ショウに出展します。 »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

すみません、この追分機関区の給炭設備建屋ですが、いつ頃発売になりますでしょうか?

有栖川よしおん 様
はじめまして。管理人のたけさんと申します。コメントありがとうございます。
品番1022 給炭建物(追分機関区タイプ) 希望小売価格8800円(税別)として12月上旬の発売が決まったところです。週明けには順次大手販売店様にて予約が始まると思います。詳しくは弊社ホームページで来週よりご案内をいたしますのでご覧いただけましたら幸いです。

1年かけまして建物内の資料、上空からの資料を探しましたが残念ながら満足いくものが見つかっておりません。図面が入手できていない故、追分機関区タイプという形になりました。

今回同時発売で、石炭ホッパーを発売いたします。その選炭建物としても流用が利くのでこのタイミングで発売させて頂くことにいたしました。

何か気になる点などございましたらまたお気軽にコメントやメールを頂けましたらと思います。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582473/64084396

この記事へのトラックバック一覧です: 国際鉄道模型コンベンションに向けて③:

« 国際鉄道模型コンベンションに向けて② | トップページ | 次回は第39回日本鉄道模型ショウに出展します。 »