無料ブログはココログ

« Nゲージ北海道タイプ機関区など3点新商品を発売します。 | トップページ | 今年一年ありがとうございました。 »

2016年12月13日 (火)

Nゲージ北海道タイプ機関区キット、給電塔についてです。

「Nゲージ北海道タイプ機関区キット」
従来弊社品番「1003 給砂塔と砂焼き小屋」に含まれる砂焼き小屋の屋根をフラットなトタンタイプに変更したものになります。サイズは砂置き場を含めて土台部分が約84×28㎜、建物煙突まで高さが約32㎜です。
また「KATO製 23-233 機関区施設セット」「KATO製 23-226 構内 建物セット」の屋根部分をトタンに変更するための部品11棟分は、屋根下地にグレーのペーパーを、トタン屋根に青のペーパーを使用しています。建物本体には接着剤で固定します。
「Nゲージ給電塔A」
ガントリークレーンに給電するための設備である給電本完成します。
 
給電架線柱と同様でトロリ線を支えています。トロリ線は横に3線配置の場合と縦に3線の場合があります。ガントリクレーン集電装置(いわゆるパンタグラフみたいなものですね)があります。
Pc130305
写真のようにガントリークレーンのレール横に設置されていました。
トロリ線だからでしょうか。設置間隔が短い印象があり6本入としました。
また、 給電塔Aは配管の支柱としてもご利用いただけます。
機関蒸気配管や重油配管、給砂圧送管などが場所により空中配管されていたようです。
 トロリ線縦用と横用、配管用と3種類を組立時に選択することができます(それぞれ6本分)。
Pc130306
給電「給電塔B」を利用し、配管支柱として「給電塔A」を使用するのもいいと思うのですがいかがでしょうか。
Pc130302
配管見立は真ちゅう棒の2㎜です。
「Nゲージ給電塔B」
「給電塔A」と同様です。
配管支柱部品付属
Pc130307
配管支柱用の部品は付属していませんが・・・、
Pc130303
蒸気配管もしくは重油配管を写真のように鉄骨の低い位置に通していた機関区がありました。なお写真のパイプはプラパイプの3㎜です。
設置位置はガントリークレーンの横になります。
Pc130304
給電塔は、基本的に凹凸を合わせて差し込む、もしくは接着するので精度良く完成させることができます。機関区のレイアウトなどにご活用いただけましたら幸いです。

« Nゲージ北海道タイプ機関区など3点新商品を発売します。 | トップページ | 今年一年ありがとうございました。 »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

早々に対応頂きまして有難うございます。
こちらの商品は
さいたま 大宮 鉄道模型フェスタで参考出品されますか?

コメントを頂きましてありがとうございます。

はい。さいたま大宮鉄道模型フェスタでも展示を予定しております。
ご来場の際にはぜひ弊社ブースにもお立ち寄りくださいませ。
お待ちしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582473/64621526

この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージ北海道タイプ機関区キット、給電塔についてです。:

« Nゲージ北海道タイプ機関区など3点新商品を発売します。 | トップページ | 今年一年ありがとうございました。 »