無料ブログはココログ

« 日本鉄道模型ショウに向けて | トップページ | 日本鉄道模型ショウに向けてその2 »

2017年10月 5日 (木)

ブログ記事のカテゴリーを見直しました。

ブログ記事のカテゴリーを見直しました。ZNHOとゲージごとにカテゴリー作りまして記事に割り当てました。また一部記事に追記をしましたのでご報告です。

 

さて、只今、Nゲージ向けにペーパーにトタン屋根の模様をレーザーで彫刻したシートを発売したく試行錯誤しています。お客様ご自身で最適な寸法にカッター等で切断して使用して頂くもので、素材がペーパーなだけに加工容易です。写真は試作品です。

Dsc01673

 

以下、製品化にあたり寸法等の資料を調べる中で伝統工法である「菱葺」(ひしぶき)に感銘を受けたので、ちょっと記事にしてみました。

※個人の感想ですのでお暇なときにでもどうぞ。

 

 

私、管理人たけさんの中では、北海道の古い建物といえばひし型のトタン屋根というイメージでした。しかし実際に建物を見て回りますと地面と水平にレンガ模様に貼られたトタン屋根が多いのです。

 

ちょっと調べましたら、ひし型のトタン屋根は「菱葺」(ひしぶき)と呼ばれるもので、正方形の鉄板を一枚づつ菱形に貼りつける伝統工法で、一般的に施工されていたのは昭和初期ごろまでのようです。菱葺」は、それぞれの鉄板に加工を施して一枚一枚ビスで貼りつけていくため高度な職人技があってこそ成り立つ工法だったことから、施工容易な新工法や新建材に移行していったようです。菱葺」ができる職人は徐々に減り、地面と水平にレンガ模様に貼るのが一般的になったようです。

 

ところがこの菱葺」は大変よく考えられた工法で、ひし形に貼ることでハゼ折り部分が斜めになり雨水の侵入とトタン裏に生じた結露が溜まるのを防ぐことができ、結果的に桟木が痛まずに建物が長持ちするのです。

 

常日ごろ何くれと無く理解していたひし形模様の屋根に、「菱葺」という名前があり、決して物資が豊かではない時代の極寒の地で生き抜く為の工法だったことが解り、その知恵に感銘を受けました。

 

« 日本鉄道模型ショウに向けて | トップページ | 日本鉄道模型ショウに向けてその2 »

自己紹介と独り言」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。
ブログ内容とは違うのですが
先日、久しぶりに
地元の鉄道模型店を訪問しました。
お店の方と
関東の鉄道模型店の話や
お店の集客など情報交換しました。
実はこのお店
Nゲージ、HOゲージ
そして最も凄いのは
1/1つまり実物の蒸気機関車を保有しています。
さらに最近もう1輌蒸気機関車が加わったのです。
これだけではありません
蒸気機関車以外にも実物はまだまだ存在します。
驚きです‼️

鉄さん。こんにちは。
保存蒸気ということで、屋敷要さんの「屋敷要保存蒸気完全制覇」を引っ張り出してみました。
屋敷さんとお話しさせて頂いたときにお名前が出てきていたあそこかなと勝手に想像しながら、そういえばZゲージの単線給炭槽は給砂箱が特徴的な後藤寺機関区のものも参考にしたなとか、筑豊本線と連想してみたりですとか。違ってたらごめんなさい。

最近は由布市のD51の譲渡が気になっていますが、いずれにせよ保存活動は大変な努力と苦労を伴うと思います。思いついた模型店はなかなか気軽に訪問できる場所ではありませんが、茨城県に「那珂川清流鉄道保存会」というのがあります。お客さまから教えて頂いて知ったのですが、こちらも訪問して見たいと思っています。

たけさん、お世話になっております。

追分機関区の給炭設備の件お教えいただきまして、有難うございます。遅れてしまいましたが今日ご返信拝見させて頂きました。

楽しみにしておりました。発売日が待ち遠しいです。宜しくお願い致します。

それとなのですが、現在北海道風のレイアウト(厳密には函館本線周辺の景色を参考にしてます)の製作しております。
是非、この菱葺き屋根を駅舎キットの屋根に使わせて頂きたいのですが、こちらも予約開始はいつ頃になりますか、差し支え御座いませんでしたら教えて頂けますでしょうか?

有栖川よしおん さん。こんにちは。

コメントありがとうございます。また北海道風のレイアウトを制作とのことで屋根シートのお問合せありがとうございます。

まず直販専売商品としてお客様の反応を見てみまして、それから流通に流すか判断したいと思います。つきましては、「Nゲージ向け菱葺き屋根シート」「Nゲージ向けトタン屋根シート」として12月より販売いたします。価格は両方ともに800円(税別)になります。

お手数ですが12月になりましたら弊社ホームページから右上の通信販売をクリックして商品を探してみてください。ご感想やご要望がございましたらお気軽にご連絡ください。

余談ですが来年2018年の国際鉄道模型コンベンションのテーマは「北海道」との事です。車両は充実していますがストラクチャーはこれからですね。弊社も北海道に関連したものを続けていきたいと思います。

たけさん、有栖川よしおんです。

ご返信頂きまして有難うございます。

とても残念ですが、私はクレジットカードを持っていなかったので購入できずでした.....。

一般流通に流れるのを楽しみにお待ちしています。

たけさん、有栖川よしおんです。
先ほどは大変失礼いたしました。Yahooマネーでコンビニチャージが出来るようになってたので、大丈夫でした。早速お世話になります。お騒がせして仕舞いまして申し訳ありませんでした。

有栖川よしおん さん。こんにちは。

「素材」の状態で販売するのは初めてなので使い勝手など気にしております。ある程度ご感想をお聞きしてから市販するか決めたいと思います。

なお早速ご注文を頂いた方には先ほど発送完了メールを直接お送りしました。もしメールが届いていない方がいらっしゃればご連絡をお願いいたします。

北海道のレイアウト制作のお役にたてそうなものがありましたらまたリクエストくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582473/65876602

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ記事のカテゴリーを見直しました。:

« 日本鉄道模型ショウに向けて | トップページ | 日本鉄道模型ショウに向けてその2 »