無料ブログはココログ

« 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて。 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションにむけて③ »

2018年7月 9日 (月)

第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて②

前回の続きです。
説明書を読んだところ(眺めたところ)どうも設置をしてから角度を決めていく方がよさそうです。そこでまずは土台の制作を始めました。
寸法は置いて置ける最大サイズの600×1440mmです。
9㎜のベニヤ2枚から部品取りをして安価かつ十分な強度を確保しました。
Dsc02165
まずは裏板を軽量化のためにくり抜きます。
Dsc02166
概ね3等分になるような感じで補強します。
ちなみに外枠はベニヤ2枚重ねです。
Dsc02167
そして表板はターンテーブル分を切り抜きます。
かなり適当に寸法取りして切断。。。
Dsc02168
只今このような状態です。
ボードは表板と裏板で側板をサンドした構造です。
③に続く・・・と思います。

« 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて。 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションにむけて③ »

レイアウトに関すること」カテゴリの記事

コメント

今後の展開が楽しみです!
大変だと思いますが頑張ってブログ更新してくださいね!
給砂塔の追加加工で取付けた転落防止囲いは自作です。
手持ちに洋白帯板で適当に作りました。
ペーパーで出来ると良いアイテムになりますよね!

鉄さん。こんにちは。
ブログも何とかこのシリーズは続けたいと思っております。
今日は作業できませんでしたが進展があればその都度掲載するつもりです。

サラッと転落防止囲いを洋白で作るところが・・・。ペーパーで頑張ってみます。

余談ですが、ネコパブリッシングから出版されている「国鉄時代」vol.54(6月21日発売)は特集が九州の鉄路でした。
編集後記に、山下修司編集長の定年のお話とvol56が最後になる旨あります。なんか蒸気時代国鉄時代がさらに遠く昔のことになっていくような寂しさを感じてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582473/66923537

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて②:

« 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて。 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションにむけて③ »