無料ブログはココログ

« Nゲージ向け新商品「品番1025 コンクリート駅舎平屋A」のご紹介 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて⑥ »

2018年8月 6日 (月)

Nゲージコンクリート駅舎のご紹介

Nゲージ向けに下記4種類を9月上旬に発売予定です。

 

全てペーパーキットになります。

 

 

 

1、品番1025 コンクリート駅舎平屋A 3000円 

 

2、品番1026 駅舎土台 600円 

 

3、品番1027 コンクリート駅舎2階建A 5000円 

 

4、品番1028 コンクリート駅舎増築用A 2400円

 

 

 

このうち、3、品番1027 コンクリート駅舎2階建A 5000円について、詳細をご案内させていただきます。

 

なお、4、品番1028 コンクリート駅舎増築用A 2400円につきましては、9月以降改めまして詳細をご案内させていただく予定です。

 

 

 

 

 

 

3、品番1027 コンクリート駅舎2階建A 5000円は、土台と組合わせたコンクリート駅舎平屋Aと基本寸法は同じですが2階建の分高さが7センチオーバーとなります。

 

商品は、岐阜県に実在する駅を参考に模型向けにアレンジを加えています。

 

 

1026

 

 

このキットは、土台部分、1階部分、2階部分と大きく3つから構成されています。

 

 

土台の高さは制作時にKATOもしくはTOMIXを選択します。

 

 

1階部分と2階部分は下記の写真のとおりです。2階の床は別バーツになっていまして写真のように無しとすることができます。

 

 

 

P8060181

 

 

 

 

窓を全て曇りガラスのようにして内部を見えないようにした場合で照明を取り付ける場合は、2階床は無い方が楽です。

 

 

2階天井部分にテープLEDを貼っただけで建物全体に光が届きます。

 

 

P8050174

 

 

 

 

逆に内装を作り込みたい場合はしや2階床が別パーツになっているので作業がしやすいと思います。

 

 

また、改札口付近は基本的には「コンクリート駅舎平屋A」と同じですが、2階にある「十岐市茶屋」に繋がる階段が追加されています。

 

 

 

P8060183_2

 

 

 

最後にKATO対向式ホームとの組合せ例です。

 

 

 

 

 

 

 

1026pt3

 

 

 

ペーパーキットですので追加加工や改造もやり易いと思います。このキットをベースにオリジナルの駅舎、または別の建物にアレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

アドバンスは8月17日から19日まで東京ビックサイトで行われる「第19回国際鉄道模型コンベンション」に出展します。これらの商品も展示しますのでご来場の際にはぜひ弊社ブースにもお立ち寄りくださいませ。
 
 
ご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

 

« Nゲージ向け新商品「品番1025 コンクリート駅舎平屋A」のご紹介 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて⑥ »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。
駅舎なかなか良いですね!
用途に合わせアレンジできるのも面白いですし
LED照明を入れると雰囲気もいいですね!
もう少しでもう少しでイベントですが
展示用の作品は如何ですか?
会場に行きたいのですが
年末に発売される模型の支払いを考えると
ここは我慢です。
先日帰国してまた月末に移動します。
(台風で乗継便が欠航になり東京に1泊しました)
休み期間中に何か製作できないかと思っていますが…
多分追加加工くらいで終わるかな?と思います。
また更新楽しみにしていますね。

鉄さん。こんにちは。
久しぶりにNゲージ向け新商品です。私個人的に国鉄の駅といえばこのタイプだよなという思いがありましてキット化に至りました。
このタイプの建物は駅舎に限らず、思いつくだけでも詰所から役場、学校、魚市場など応用が利くので、追ってこのあたりをカバーする商品を追加していきたいですね。

年末の目玉といいますと「ななつ星」でしょうか。イベントは各メーカーが限定販売やらイベント特価やらをやりますので気が付くと結構な出費ということもあります。気軽にご来場いただける距離だと良かったのですが・・・。私も九州汽車倶楽部に行きたいのになかなか行けません。

さてさて、展示用に制作している16番の機関区ですが扇形機関庫と給水塔までで時間切れとなりそうです。
残りは10月の日本鉄道模型ショウまでに仕上げるに変更ですね。
只今給水塔を制作中ですので、今夜にでもブログを更新できるかと思います。
またお時間の空いたときにでもご覧いただけましたら幸いです。

奈良機関庫を購入した田中大示と申します。今後、奈良駅は制作発売する予定はありませんでしょうか?本州では最も遅くまで(昭和46年)蒸気機関車が現役で、梅小路からもD511等イベント車輌がやって来てマニアには想い出深い駅舎ですよね。当時中学生だった私には北海道や九州地方に行く事は不可能でありました。関西の奈良は唯一訪問可能な土地でした。まだ現役マニアです。(今年還暦)ご検討の程、何卒よろしくお願い致します。

田中大示 さま

管理人のたけさんと申します。奈良機関庫をご購入くださったとのこと御礼申し上げます。
奈良機関区はホームから良く見えたことや最後まで現役で活躍していたこともあり多くのファンを魅了した機関区の一つだったと伺っております。昭和46年は私の生まれる前のことなので現役時代というものは残された映像や写真でしか知ることはできないのですが復活運転などで生で見ると音、振動、匂いに圧倒されると共にやはり魅了されてしまします。思えば保育園時代に毎日のように遊んでいた公園にはC57が置いてあり、よじ登ったりバラストを拾ってきて投炭(たしか焚口が半開きだった)の真似をしたり自由に遊べた記憶が残っています。
さて、奈良駅の件ですがウィキペディアで簡単に歴史を漁りました。おそらく2代目駅舎で現在は観光案内所になっている建物を主とした一群になるかと思いますが、まずは資料集めてみて検討してみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージコンクリート駅舎のご紹介:

« Nゲージ向け新商品「品番1025 コンクリート駅舎平屋A」のご紹介 | トップページ | 第19回国際鉄道模型コンベンションに向けて⑥ »