無料ブログはココログ

« Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。4 »

2022年2月28日 (月)

Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。3

先週からの続きになります。

外壁を塗装して、窓部分に透明アクリル(窓ごとにカット済で付属しています)を接着しました。

そして、現在は屋根を接着した状態(下塗り済)です。

P1010140

基本的には説明書の通りですが、窓部品や屋根は必ず「ボンドをつける前に」仮当てをして確認します。

窓も屋根もアクリル板なので、接着剤はコニシのウルトラ多用途SUを使用しています。

 

このサイズだと塗装ブースが使えないので、天気の良い日にコンプレッサーごと庭に出して塗装です。

ここまでくれば、あとは屋根を本塗装をして細かい部品をつければ完成となります。

来週に続きます。

 

« Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。4 »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。4 »