無料ブログはココログ

« 2022年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 »

2022年2月12日 (土)

Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。

久しぶりにNゲージ奈良機関区タイプの19線扇形庫の組立依頼がありましたので

組立工程をご紹介していこうと思います。

組み上がるとこんな感じになるキットです。

P1010152_20220212162001

 

直販限定で主にキットとして販売している商品で、MDFの骨格に外壁に硬質紙、屋根はアクリルで構成されています。

19線の扇形庫ではありますが、4線、4線、4線、3線、4線という5ユニットを組み立てて合体させる構成です。

加工は必要ですが、中の4線、4線、3線は省略して16線にしたり15線にしたりと、お客様で変更することは可能です。

KATOさんのターンテーブルの規格に合わせて、組立が容易になるようデザインをアレンジしています。

 

まずは土台から製作ということで、実物の線路を当てて仮固定。

P1010249

実際の組立はレイアウトボード(900×600mm)の上で塗装を含めて完成まで行います。

養生をして、上屋の骨格を組み立てていきます。

P1010131_20220212162601

骨格はMDFなので、木工ボンドで凹凸を合わせて差し込んでいきます。

梁などはボンドが乾くまでマスキングテープなどで仮固定してズレない様に気を付けます。

作例では塗り残しが怖いので塗装をしていますが、外壁を貼った後でまとめて塗装すれば十分だと思います。

Photo_20220212174801

なお塗装はスプレーで行いました。

この後は外壁を貼っていきます(来週に続く)

« 2022年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 »

Nゲージに関すること」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2022年 明けましておめでとうございます。 | トップページ | Nゲージ扇形庫19線。奈良機関区タイプの組立過程を簡単にご紹介。2 »