無料ブログはココログ

レイアウトに関すること

2012年9月 6日 (木)

ヤフオクに出品したZゲージレイアウトの結果報告

ヤフオクに出品していたレイアウトですが先日無事に落札されました。メールアドレスを公開したこともあり、様々なご意見を頂きまして得るものが大変多かったです。

212

特にストラクチャーに関する問い合わせが多かったので、少しずつですがブログで紹介していこうと思います。

Dscf11

ところで、一つのストラクチャーが完成するまでには多いもので20以上の試作品が発生します。
写真の古い木造アパートは(窓の形が4棟とも微妙に異なる)ですと15棟ほど試作しています。

今回のレイアウト制作でも大量に様々な試作品が発生したのですが、ご厚意で知り合いの社長が買取ってくださいました。
一部はヤフオクに出品していくとの事ですので、ご興味のある方がいらっしゃいましたらチェックしていただけますと幸いです。

次回はまず、アパートの詳細を予定しています。

2012年8月31日 (金)

レイアウトをヤフオクに出品してみました

レイアウトを作る楽しさにハマってしまいました。

完成して数日、新しいものを作りたくて仕方がないのです。

(45×120センチで新たにベースボード作ってしまいましたが再検討中)

ただ保管する場所は限られているので困った・・・、

とりあえず完成したしヤフオクに出品してみよかな・・・、深く考えずに出してしまいました。

金曜日の23時でアクセス数が400を軽く超え、ウオッチリストも50に迫っています。

質問をくださる方もいまして、今までこんな反応があったことがないものですから正直戸惑っています。

さて、レイアウトを制作していて思ったこと、それはバスがない!という事です。

曲がりなりにも完成しますと自動車が欲しくなりまして、乗用車はメルクリンから販売されており入手できたのですが、バスが手に入りません。

そこで完成するかはわかりませんがボンネットバスの試作を始めてみました。

B001

手前の車はメルクリン製Zスケールの乗用車です。

(今回のレイアウトには使用していないですがコンクリート塀も一緒に撮ってみました)。

ペーパーのみではちょっと難しいかな・・・(挫折しなければ次回に続きます)

2012年8月28日 (火)

Zゲージのレイアウト制作中その3完成しました

Zl111

いきなりですが完成です。

先週はひたすら建物を作っていました。

公衆便所に派出所、タクシー営業所、アパート、商店などなどですね。

Zl222

駅前は松を2本植えてみました。

Zl333

そして鉄橋を渡るロクハンの113系です。

Zl444

最後はバス停と113系です。

Zl555

駅や建物、柵、ブロック塀はすべてオリジナル品です。

レイアウト制作は楽しいです。そして完成してみると今度はココをこうして・・・等いろいろ思うところが出てきます。

近いうちにまた新しいものを作ろうと考えています。

2012年8月18日 (土)

Zゲージのレイアウト制作中その2

とりあえず川の部分を形成していきます。

まず川底に石を敷き詰めていきます。

R211

そして山や道路なども軽く色を入れていきます。

川底は深みを表現したいので色差しをします。

R222_3

パウダ-も少し撒いてあります。

川の周囲ができましたので線路をボンドで固定して山を制作していきます。

スタイロフォームを重ねて石膏を塗っていきます。

R233

絵の具で石膏に色を入れライケンを貼っていきます。

川にもKATOのリアリスティックウォーターを流し込みます。

R244_2

駅前のレイアウトはどうしよう・・・建物を増やす必要がありますね。

R255_2

次回に続きます。

2012年8月15日 (水)

Zゲージのレイアウト制作中その1

突然ですがZゲージのジオラマを制作しています。

参考なるとは思えませんがブログネタのために過程の一部をご紹介します。

サイズは約600×900mmです。

R111

木材でフレームを作りベニヤ合板を貼り付けます。その上にスタイロフォームを載せます。

高級感がでることを期待して台枠をベニヤ板で化粧してあります。

R222

線路配置はずいぶん悩みましたが単線エンドレスに引込線、カーブは全てR195で統一しました。引込線部分は駅になる予定です。

線路はロクハン(橋の部分の線路はメルクリン)、鉄橋はオリジナル品です。

Photo

R333

道路用トンネルを2mmアクリル板から切出して、

R444

同様に道路用の橋も作りました。

R555

手持ちのスタイロフォームを使い切ってしまい山が中途半端な状態・・・。

線路を固定すると鉄橋の下の作業が面倒になるので、先に川を進めます。

写真は石膏を塗り、石を並べたところです。

次回は塗装と川に水の表現を行う予定です。